2011年08月13日

*大阪の「竹の家」を知っている方

[1] 禁断の名無しさん 2011/07/17(日) 00:19
その昔、世界中にその名をとどろかせた「竹の家」を知っている方、話を聞かせていただけませんか。
[2]
。「竹の家旅館こぼれ話」

「ゲイの考古学」の取材の際に、淫乱旅館(ハッテン施設)の元祖である竹の家旅館で店主に伺ったこぼれ話。

いまはもう店じまいしてしまった竹の家旅館は、大阪の西成にあって、当時は東京のゲイがこぞって訪れるほどの人気だった(詳しくは『ゲイという[経験]増補版』収録の「ゲイの考古学」)。

(当然のことながら?)かつて三島由起夫も来たことがあったらしいし、やはりもう亡くなった有名デザイナーの○○○○もよく足を運んでいた。「○○○○さんは遊びがきつくてね、他のお客さんに嫌がられることもありましたよ」。女性と結婚して子供もなし女性の愛人までいた(と報道されていた)彼は、どうも男性との関係ではSM嗜好が強かったようだ。

面白かったのは、あまりの竹の家の評判に、タレントの故ミヤコ蝶々が突然やってきて、中を見せてくれと駄々をこねたというエピソード。それから、その名は海外にまで伝わっていたようで、アメリカのゲイ旅行客が観光バスで訪問したこともあったという。
[4]
おや、こんな懐かしい名前が。

わたしが、竹の家最後のせだいかしら、たしか、昭和60年代初めに閉店したみたいだから。でも、すごく隠微な雰囲気はあったわ。客層も、いろいろだったし、土地柄、ガテン風のオトコも多かったね。

いまでも、建物だけは残っているみたいよ。あの、紫色のドアがなつかしいわ。
[5]
昔の薔薇族に竹の家の話が載っていた気がするなあ
[6]
懐かしついでに、、

竹の家には週末なんかには東京からの客が多かったね。結構、芸能界やスポーツ選手等の有名人も実際に見た。あのころは、有名人を見ても何か同類意識のようなものがあって、特別扱いもしなかったような、、ネットなんてものもなかったし、のんびりしてたね。

大阪を代表するようなホテルのコンセルジュに「大阪でのゲイの集まるところは?」って聞いた外国人に、takenoya is most famousって教えたって話もあった。人が多すぎて3階の床が抜け落ちたってはなしもあったねえ、、

いい時代だったかもしれないね。
[7]
私なんて、竹の家の縁で赤井英和の後援会にまで入ったわよw
[10]
竹の家ってどこにあったんですか?
30歳で発展場デビューは未○年だったけど、初めて聞きました!

おいらは昔の旧館ロイヤルと旧北欧館、今は無き堀江やミナミにあった一軒家風?発展場やサウナは行ったことありますが、昔ってどんな感じだったんですか?
-[12]
>>10
飛田本通り商店街の中ほどから路地をちょっと入ったところ、つまり、西成のど真ん中、一筋超えれば釜ヶ崎ねwwスポメンの近くって言ったほうがわかりやすいかしら。
[13]
20代だけど全く知らないし聞いたこともない。
東京でゆう千雅みたいな感じなのかしら凄く興味深いわ。スポメンの近くなの?そこはサウナ?一軒家風のヤリ部屋?でもヤリ部屋って概念が生まれたのって90年代よね。ああん…興味深いわ
[14]
スポメンのすぐ近くで、はじめて足を運ぶにはかなり勇気のいるところ。サウナなんて結構なものはありません。旅館と言うより、いわゆる木賃宿みたいなもので、中は、だだっ広い部屋にふとんが敷いてあるだけ。まるで、修学旅行の大広間みたいなもの。でも、真っ暗な部屋や、煌々と明るい部屋や、まあ、それなりの工夫はしていた。
[15]
大部屋にふとんが敷いてあるのは、今の発展場ではポピュラーですね。海外でも似た作りだけど、その原点は竹の家なんやろか?

そもそもゲイバーはあっても宿泊・休憩施設での情事(プロの店ではなく、あくまでも素人、客同士)っていつから伝わったんだろう。
[16]
それに、釜が崎は当時では有名みたいだったけど、女装家や女装売春婦、ゲイの溜まり場・住人も多かった街でしたし。聞いた話だけだけど、飛田(金額的に高嶺の花)で女を買えない野郎達が安価に売春してた女装子とやってたのはごく当たり前の時代があって、その釜がカマらしいと聞いたけど。確かに名残は現在もあるし、昭和から平成にかけての大阪のゲイ文化の発祥は、釜が崎と新世界じゃないかなと竹の家読んで感じました。
[17]
釜が崎は労働者の街。仕事帰りに銭湯に行くような気軽さで竹の家にさっぱりしたところで、一発抜く

けっこうノンケやバイも多かったらしい
[18]
昔も今もノンケ、バイ、ゲイ関係なくホモセックスは求めるもんがあったのですね。

三島由紀夫に逢ってみたかったなぁ。昭和の時代に竹の家にいた人間達と不思議な空気・風土感ってのも一度体験してみたかった。タイムスリップ出来たらなぁ。平成のドラマ同窓会やミスターレディが流行りだした頃と同時期に当時のゲイ文化デビューしたから、メディア・映像時代にタブー視・隠蔽された時代のその竹の家に行ってみたかった
[19]
たしか、2005年ぐらいに閉館になったはず。

日曜日朝に、テレビで
喝!
って叫んでるキムチ爺とか

昔はきてた
-[21]
>>19
張本?マジで?好みなのに!単に似てただけじゃ?
-[52]
>>21
ハリさん、テレビで西山秀二のことを、可愛い顔してる、とかいってたのを思い出したわ…
[20]
グラン○ャトーの人もよくみたわ
[22]
それなら私もいけるわ。。。
で、今、建物はあるの?
三島や張さんならその建物、文化遺産だわw
[23]
確かに 文化遺産だわ
トキワ荘以上だと思う

なにせ ミナミに 今はなき 某ゲイバーがあったけど、新歌舞伎座公演後に著名な芸能人らが来てた 隠れ家的店だったわ。
その無き店含め 竹の家とか重要文化財にしてほしかったわ。
[24]
あたしはまだ30歳で当時、老舗のゲイバーでの芸能人達と撮った写真に思い出に浸る亡くなられたママの表情が忘れられないわ

今のゲイバーやハッテンバでは大物を見かけるなんてまず希少だけど、ママも云ってたけど、隠れ家的なとこが殆ど無くなって寂しいと云ってたわ。昭和に体験したかったわ竹の家ってとこにも云ってみたかった
[26]
週刊文春の今週号に飛田新地の特集があったね。

こういった街の路地裏に竹の家はあったのかと、、、、
[27]
そのうちスポメンとかも語り草になるのかもね
[29]
私も竹の家を知ってる最後の世代ね。竹の家デビューは18歳くらいだったかなー、、、

オーナーが元役者だか俳優だったとかで、京都太秦の映画関係者がおおかったみたい。当時の常連で有名なのが、この人は自分でほんに書いたからokだろうけど、小沢昭一さん。私が実際あそこで会ったのが、今でもテレビの時代劇の大御所。それから、もう爺さんになってしまったけど○○○一.驚くほどチビだったw、だって、シークレットブーツ履いてたくらいw

あと、スポーツ界では、張さんは見たこと無かったけど、栗ちゃんはよくあった、抱かれたこともww栗ちゃんって、、、ピンと来る人はいるはず。
[30]
で、そこのロッカー室ってか、銭湯の広間みたいなところに、鍵番っていうおじさんがいた。この人が、大阪のど真ん中なのにすごい江戸言葉で、それもきついオネエだった。

さっきのチビの○○○一、当時はアクションスターで人気もあった。この人がロッカーで浴衣が大きいの小さいので文句言ってたとき、鍵番のおじさんが、「ここでは、スターも土方もいっしょだよ、オトコは裸で決まるんだよっ。」って啖呵きってたで、私たちのような若いガキには「安く許すんじゃないよ、追いかけられていやだったらアタシにお言い、、」ってかっこよかったなーー。

思い出は、、まだまだ、、、、
[31]
鍵番システムいいわね。
[32]
○○○一は元NHKアナ女優の元ダンナかしら?再婚して息子2人いるのよね。
[33]
まあ、詮索はおまかせするわww

私がまだ10代のころよ、竹の家に行く途中、べろんべろんに酔った赤井英和に冷やかされたww「にいちゃん、竹の家にいくんか?俺が掘ったろか?」って、、今だったら即、okね。赤井の実家は竹の家のすぐ近くだったし、彼に冷やかされてもいやな気にはならなかった。憎めないいいおとこだった、当時は25〜6だったかなー。
-[36]
>>33アタシは勝手にさくらの木かと思ったわ。
[34]
その頃の赤井って色気たっぷりよね。話し掛けられただけでもうらやましいワ
[37]
赤井ってその気もあるのか結構わかりづらい人やけど、実際はその気あるんやろか?冷やかし程度だったんでしょうか?

数年前に少しだけスポメン行ってて、で記入悵に野球選手だった○星がどこかのやり部屋かスポメン?のどっちかに来てやられたとか書いてたけど、○星のことの書き込みはよく見たわそれをもっとシークレットにした秘密クラブみたいなのが、竹の家かなぁ。
[35]
竹の家ではどんなタイプがモテたの?
-[39]
>>35
もてるとかもてないとか、そんな世界じゃないの。wとにかく、ごった煮。玄関に飾ってあった色紙に「男色に生まれた事を感謝せよ。千に一人の無駄もなし」ってわかる?ホモの世界では、どんなタイプでも需要はあるってこと。

じっさい、高校生みたいなのが絡み合ってたり、じじい同士でいたわり?あってたり、、、もう階段も上れないような爺さんを、ホモ雑誌のグラビアにでもいそうな爽やかで筋肉隆々の若者がやさしく、本当の恋人を扱うように支えていたり、、、

あそこに行けば、どんなブスでも相手はいたって、、、。
[38]
ちなみに○○○一って関根勤がモノマネしてるあの人かな?

でも芸能人やスポーツ選手はあの地域をタクシーかまさか電車で行ってたのかな?そういうのも想像したら不思議な感じします
-[41]
>>38
あのころは、飛田の遊郭がさかんだったから、有名人がタクシーであのあたりにいっても不思議じゃなかったのかな、、

これも聞いた話だが、有名な外国のデザイナーが来日したときに、どうしても竹の家に行きたいとかで、大阪人なら知ってるけど、堺筋の今池の駅前、太子の交差点のあたりでリムジンをとめて、毛皮のコートでガードマンを二人従えて、あの小便臭い路地に入ったとww

それで、通訳やらガードマンやら全員がはいったんだが、本人は見学だけで毛皮のまま二階にあがろうとしたらしい。そのとき、鍵番のおじさんが、「ここでは裸が礼儀だよ、いやなら帰えんな」って、、、

ご一行様全員浴衣姿で見学?したって。。。

このデザイナーのマークは、家のトイレのスリッパにもついてたwww今では、過去の人かもw

はい、、、私の思い出話は、もうおしまい。
[40]
閉館するころは、やっぱりさびれていたみたい。それでも、あの隠微な空気をもとめて週末は混んでた。

閉館のきっかけは、聞いた話しだけど、オーナーが高齢でやめたがっていた。やはり、あたらしい、ロイヤル等のサウナに客が流れた。なにより怖かったのが、建物の老朽化wwww外観は木造二階建てなんだが、実際は、三階まであって、忙しいときは秘密の階段を開けると四階まであった。

誰かがかいてたけど、床が抜けたこともあったらしいwww。

消防署の営業中止命令が合ったとも聞いた。
[42]
ネット普及社会になってからと前とじゃやはり違うって感じる内容だわ。私は90年代から現在までのハッテンバや男色を体現したけど、ネット社会前の頃が一番楽しかったわ。竹の家は知らないけど、どこの施設も廃れた感はあまりしなかったし。有名人は見かけないけど、勢いがあって楽しかった。竹の家復活しないかしら。床抜けしない感じで。スポメンより広かったのかしら?
[43]
スポメンよりははるかに広かったね。もともとが旅館だったらしいから、個室もあったし。

でも、人間の記憶力って、、、思い出せないことも多いわw
[44]
本当のところを言えば、私の思い出話より、今、50代、60代の人の話を聞きたい。三島や、江戸川がまさにお忍びで出入りしていた頃の話がききたいね、。

だれか、その頃を知ってる人、書いてください。。。。

もし、同性愛文化史なんてものがあったとしたら、戦後文化には欠かせないはずなんだけれど、、
[45]
誰がどこでやったなどというのは、ホモの下世話な興味よ。大家の同性愛的傾向については、たいてい論争は終わってるし。縦にホモの裏の歴史を紡ぐのは、お茶屋の歴史をまとめるくらい無粋なことよ。
-[49]
>>45
あんたみたいなのが出てくると思ってたよww大阪で一番嫌がられるタイプだわww

>大家の同性愛的傾向については、たいてい論争は終わってるし
へーー終わってますか・・・

大阪にはね、竹の家だけやおまへん、三島が入り浸った鶴橋の土蔵や、十三の倉庫もありますんやwえらい、無粋であ悪おましたなあwww
[50]
>>49
つわもの共が夢のあと、、、だす。。。
[53]
しっかし、大阪ってすごいね。ハッテン旅館の跡にモニュメントレリーフをつくるなんて。

奥が深いというか、なんというか、、
[60]
20年以上前に、竹の家に数回行ったわね
当時ゲイバーとかによく出入りしてたから、顔がさすと思ってでも、なぜか、そこで知り合いにも出くわしたわw

既出の通り、木賃宿を改造したような作りで、3階もあったわね(床がぎしぎしいって3ケタデブは通過できないかも)値段は、北欧館・ロイヤルよりも安かったかと(当時で1000円強?)年齢層は高かったわ・・・あたしが最年少かとお風呂は、狭からず広からず、でも清潔そうには思えなかったわ

ある日の夜に竹の家の側で、赤井に出会ったわwこちらをちらっと見て視線はあったのを覚えてるわね当時のあたしは、見るからにヤクザ風(角刈り・いかついスーツ?)だったので、なんて思われてたんでしょうかww
-[69]
>>60
場所はどこにあったのかしら思い出せないだろうけど、飛田商店街をはさんで西側あたり?
[61]
やだ、ここの話凄く興味深くて面白いわ。あたしが、発展場デビューしたのは、94年ごろなんだけど、そのときは、まだ存在したのかしら。ちょうどその頃、物凄い勢いで、ヤリ部屋が乱立してきたのよ。雨後の竹の子のごとく。
[62]
やだ、94年ってHIVが日本で話題になった時期じゃない(笑)
[63]
竹の家、体験者の話をお聞きしたいです。もっと。諸先輩方よろしくお願いします。味のある時代が羨ましい限りですね
[65]
竹の家があった頃(特に60〜70年代)ならナマ掘り種付けは当たり前だったんでしょうね。うらやましいわ…
[66]
生掘りがあたりまえにきまってるでしょw

四つん這い待機で、「いや〜ん、子宮が疼くわ〜、妊娠させて〜」っていってる親父が幾人か見たもの(あたしも、それに突っ込んで中出ししたけどねww)
[67]
>>66
アナタ、病気うつされてないわよね?
-[70]
>>66
いい時代だったのね…
[68]
大丈夫よww当時は、エイズはなかったし、梅毒・淋病は症状には気をつけていたし
[71]
飛田商店街を挟んで西側50mぐらいのところの、長屋風の一軒家ですよ
赤井の実家も徒歩圏と思われ・・商店街で遭遇したことあるし

スポメン(ここは入店したことはないが場所はわかる)のやや南側だと
思うわよ、スポメンからだと徒歩5分もしないかと
[72]
>>71
スポメンの近くだったのね長屋風って風情あるわね
[74]
なぜそんなただ大きいだけの発展場みたいなのが、超有名だったの?その当時はそんなのが世界にはなかったとか?
[75]
あたしも知りたい昔は、竹の家以外素人客同士の発展施設はなかったのかしら?

野外や個人宅やホテルみたいなとこでの男色行為はあったのは知ってるけど、あと、職業としての売りとか。ただ施設型発展場は竹の家が初だったのかしら?お隣の御布団にSEXしてる人らがいるって当時は相当な夢の楽園に見えたのかしら?だから噂が噂を呼んだクチコミなのかしら
[76] 禁断の名無しさん 2011/08/10(水) 18:49
そんなに大きな発展場ではないよ

普通の長屋風民家か、簡易宿泊所(木賃宿)程度の大きさ北欧館、ロイヤル、東京の大番、24などのほうがはるかに収容力はある

あたしも、数回行ったことがあると言う程度だけど、当時は、他にそういうゲイだけが集まる宿泊施設はなかったんではないかとあたしよりもふたまわり以上の世代の方々(もう死んでるか老人)が言うには、「みんな竹の家にいったもんだわよ(今は誰もいかない・・代替施設があるから、という意味)」

外国でも有名だったそうで、既出の通り「バンブーハウス」として、海外のゲイ雑誌等にその記事が掲載されたそうです

なので、あたしも、ボロボロの竹の家に一度行ってみようと思って数回通ったの・・・でも、やはり老朽化・汚い・ジジイばかり・・ということで、途切れたわw(20年以上前のお話し)
タグ:大阪
ゲイエログちゃんねる | ペンコメント(1) | 発展場
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのコメント